スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Before you go up, first you have to go down.

Before  you go up the next mountain, first you have to climb down the mountain that you are.
ロンドンビジネススクール(LBS)時代、Biographyのクラスの教授に言われた言葉。
LBSでは普通のMBAではなく、会社が授業料を出してくれるEMBA(Executive MBA)でもなく、会社を辞めた中年のエグゼクティブが自腹を切って入るSloan Mastersというコースにいたので、クラスの平均年齢は高いし、彼らの生活水準もかなり高かった。お城を持っていて仏大統領選で負けてSloanに来た人もいたし、英国海軍、空軍の将軍格がいたり、もちろんWall Street企業の重役を退いてきた人も少なからずいた。でも彼らはみんな、「今までいた山を下りて、次の山に登る」ためにSloanに来た連中だった。
そんなクラスに向かって、教授は「山の頂上から次の山の頂上には飛び移れない。一つの山の頂上にいるんなら、次の山の頂上に行くためにはいったん峰を降りなきゃいけない」。
「そっか。そうだよな。言い得て妙だ、すごいビジュアライズできるし」と思いながらも、自分の体感までには落とし込めながった。そしてその苦しさや大変さなどには思いも及ばなかった。
でも今回は私ではなく、息子の話、なんだ。
昨日大学に戻ったと思ったら、お昼前に"I want to talk to you"のテキスト。母親からはたくさんテキストは行っても、息子がInitiateしてくるテキストは「金送れ」だけなので、こりゃなんかあるな、と身構えた。
成績が悪いのは知っていた。でも「もうほんとに辞める」という。辞めると言い出したのは3回目だ。たぶん本気だろう。というより大学のほうが「もうお願いだからやめて」と言ってきたんだと思う。
「今の大学はママを喜ばせるために入ったし、実際全然面白くないし、だからついていけない。」わかる、最後の言葉が本音だ。
で、「コミュニティカレッジに入って、働きながら自分の本当に行きたい大学を探す」オーケー。そんな例は枚挙にいとまがないし、Westchester Community Collegeで1年頑張って成績上げて、SUNYやSyracuse大学に入る子は結構いる。
でもね、とり…
最近の投稿

思えば通じる

不思議なつながり、「思えば通じる」
盛和塾のお友達に、とてもいけてるレストランチェーンのCEOのOさんがいらっしゃる。 そのOさんのお忙しい時間をいただいて面会に伺ったことがあった。
「それだったら、NYC の“Food Protection Course”のEラーニング作って。これに受からないと飲食店の責任者になれないし、結構みんなが苦しんでいる。これ作ったら、本当にたくさんの人を助けることになると思うよ」
会社に戻って、スタッフとこのコース製作の要点をまとめた。 「テストに受かる」ためのコースを「とにかく早く作ろう」!
かくして、13コースが2カ月弱で出来上がった。去年は15コースを12カ月かけて作ったから80%以上の生産性アップだ!素晴らしい!!
そして、次はこのコースを世に出さなければならない。
NY州やNY市に直接売りたい。そのために州や市の保健局にいる人とつながりたい!

ところで、上記のコースとは関係なく、市民権取得の決心をしてから地元のビジネスネットワーキングに出席するのが億劫でなくなったので、ある日Business Council of Westchster (BCW)というのに出てみることにした。銀行やら、保険会社やら、弁護士やら、「上」のほうにいる人たちが多い会だ。$45も出してウエストチェスター郡の今後の税制について専門家から話を聴く朝7時半からの朝食会だった。
10人ずつが座れるテーブルが会場に15

市民権取得の決心、「その効果」

大した葛藤もなく、すっと市民権取得への道を選ぶ人がいる。反対に49年間もグリーンカード保持者の75歳で、定年後も米国で過ごそうと決めているのに市民権取得に踏み切らない人もいる。その人それぞれの米国籍取得へのプロセス、背景の思いも違い、人生劇場そのまんま。
取得の決心をFBにポストした日はいつもより200%増のLikeの反応。 コメントは「私にはまだ決心がつかない」と「きっと新しく見えてくるものがある」という深い示唆の二手。

実際、決断してしまえばなんともない。(私は性格的に、決断すると振り返らない人間だ)
全く不思議なことだが、その決心がそれ以前はどうしてもつかず、それ以降はついた、ということ。
その間に、醸成されていたのだろう。そして後でも先でもなく、その時に起こった。

そして、決断した途端、私にとっては確実に「新しく見えるもの」が発現した。
周りのアメリカ人がすべてお客さんに見える なんというマーケットの広がり! なんという開放感!
その上「これで会社は大丈夫だ!」という実体のない自信まで一緒に備わった。

でも、要するに、その軽さが大事なのだと思う。
もう大丈夫、私はやっていける、会社は大丈夫、ただ目の前に敷かれたレールを(実際には何も敷かれていないし、それもこれから自分で敷くんだが) 歩んでいけばいい、という軽さが大事。 軽々と物事を超えていける、当然のことのように進んでいける、物事がすべて簡単に感じられる、その心の状態が大事。

市民権取得の決心の背景

米国市民権申請。その決心の背景
28年半の長きにわたり、グリーンカード保持者だった。
先週の盛和塾。「どうして「今」だったんですか???」
手短に言えば会社を救うため。社員の将来を安定させるため。

もう何年も前から、アメリカで成功している先輩から「アメリカ市場を狙え、日本人市場にとどまっていては大きくなれない」と言われてきた。でもハードルが高い。頭でわかっていても、実際の確実な大きな一歩が「怖い」。
でも日本企業は決定が遅い。ドタキャンも結構ある。6社に営業して5社下りたこともあった。もっと豊かな市場がないか、簡単な市場はないか、会社を安定させるにためにはどうしたらいいんだ。

やっぱりアメリカ市場だ、それしかないだろう、
なのに、気持ちが乗らない。萎えてしまう。


去年の10月以降、大きな仕事が終わった後のアイドリング時期が続いた。でも2018年はスタッフを正式に従業員に迎える。税金も増える。増収した後、1年で赤字だなんて花火経営だ。スタッフの生活を安定させなければいけない。
ここで思った。
「自分を変えなければ。」

初めての投稿、筆者紹介から

最初の投稿。

ですので、短く、筆者の紹介から。
海外在住29年目、ロンドンでの滞在3年をはさんでNYでの滞在26年。人生半分以上を海外で過ごす。
元はと言えば、東京で勤めていた外資系証券会社で出会った駐在米人と結婚し来米。それから波乱万丈、実にかまびすしい賑やかな人生を送り、その間に2つの会社を設立、エグゼクティブコーチになったが、もうだめか、という場面も何度か。そこで稲盛哲学に救われて、正しく生き、信念を持って会社と家族を守る意味を知らされた。

現在米国市民権申請中。次回のブログはこのトピックについて書く。


このブログでは、エグゼクティブコーチとして米国にいながら日本人のグローバルトップ人材育成から学んだこと、私が心から日本人ビジネスパーソンに伝えたいと思っていること、会社経営から学んだこと、などをつづっていこうと思います。
私の文章は端的で、説明が少ないかもしれません。テンポがいい文章が好きなので、その分、余計を省いてしまいます。長く書くと、情が入りすぎて読む人が引く、というのも今まで言われてきたこと。だから短く、さらっと、端的に書くことを念頭に置いていきます。

あなたの人生やキャリアの一隅を照らすような、そんな言葉やストーリーが書けますように。